アメリカの一般家庭で食べられているお菓子は日本ではパーティ用!?

アメリカのお菓子をよく見かけるといえばコストコです。

コストコでは絶対に日本では見ないサイズの
ポテトチップス・チョコレート・グミ・ケーキなど
アメリカの食生活を垣間見ることができます。

絶対日本では売っていないようなものすごくカラフルなケーキ、
そして絶対に1回では食べきれないであろうボリューム。

日本では完全にパーティサイズですが
アメリカでは一般家庭で普通に買って日常で食べるもののようです。

なぜアメリカのお菓子はこれほどまでに大きいのか?
答えは簡単。

大きな貯蔵庫がどこの家にもあるからです。

アメリカは日本に比べて家も土地も広く、
食料品を貯蔵しておくスペースが一般家庭にあります。

そこには冷蔵・冷凍庫などもあり、
大量の冷凍食品などもそこで保管することができるのです。

そのためアメリカ人はまとめて大量に食材などを買い込み、
貯蔵庫で保管しながら必要な量だけ使うというスタイルになります。

その点日本では一般家庭に貯蔵庫はありません。

たくさんの食料品を買い込むと貯蔵できずに腐らせてしまいます。

そのため日本では逆に小分けのお菓子のニーズが高いということになります。

文化や慣習の違いがそのままお菓子に表れているのです。

またアメリカのお菓子と言えば「大味」というイメージがありますが、
ニューヨークは別です。

ニューヨークはアメリカでも特殊な都市で、
他の地域とは一線を画する街。

世界中の最先端のトレンドが集まっていて、
なんとスイーツのフルコースのお店まであるんです!

しかもそのスイーツフルコースのお店は日本人のパティシエが腕を振るっています。

でもそれを日本人のスイーツとは言いません。

ニューヨークでやっているものはなに人だろうと全て「ニューヨーク」なのです。

繊細な、「アメリカらしくない」お菓子を食べたければ、
ぜひニューヨークへ!

その「アメリカらしくない」ものも許容しているのがアメリカらしさかも知れませんね。

参考:NY在住のP子がオススメするリアルアメリカントレンドNOW