アメリカの一般家庭で食べられているお菓子は日本ではパーティ用!?

アメリカのお菓子をよく見かけるといえばコストコです。

コストコでは絶対に日本では見ないサイズの
ポテトチップス・チョコレート・グミ・ケーキなど
アメリカの食生活を垣間見ることができます。

絶対日本では売っていないようなものすごくカラフルなケーキ、
そして絶対に1回では食べきれないであろうボリューム。

日本では完全にパーティサイズですが
アメリカでは一般家庭で普通に買って日常で食べるもののようです。

なぜアメリカのお菓子はこれほどまでに大きいのか?
答えは簡単。

大きな貯蔵庫がどこの家にもあるからです。

アメリカは日本に比べて家も土地も広く、
食料品を貯蔵しておくスペースが一般家庭にあります。

そこには冷蔵・冷凍庫などもあり、
大量の冷凍食品などもそこで保管することができるのです。

そのためアメリカ人はまとめて大量に食材などを買い込み、
貯蔵庫で保管しながら必要な量だけ使うというスタイルになります。

その点日本では一般家庭に貯蔵庫はありません。

たくさんの食料品を買い込むと貯蔵できずに腐らせてしまいます。

そのため日本では逆に小分けのお菓子のニーズが高いということになります。

文化や慣習の違いがそのままお菓子に表れているのです。

またアメリカのお菓子と言えば「大味」というイメージがありますが、
ニューヨークは別です。

ニューヨークはアメリカでも特殊な都市で、
他の地域とは一線を画する街。

世界中の最先端のトレンドが集まっていて、
なんとスイーツのフルコースのお店まであるんです!

しかもそのスイーツフルコースのお店は日本人のパティシエが腕を振るっています。

でもそれを日本人のスイーツとは言いません。

ニューヨークでやっているものはなに人だろうと全て「ニューヨーク」なのです。

繊細な、「アメリカらしくない」お菓子を食べたければ、
ぜひニューヨークへ!

その「アメリカらしくない」ものも許容しているのがアメリカらしさかも知れませんね。

参考:NY在住のP子がオススメするリアルアメリカントレンドNOW

色とりどりなマシュマロや可愛いらしい見た目のグミ

以前アメリカのお菓子を知人に頂いたのがきっかけとなり、
良く自分でも購入し食べていたのが、
メーカーは覚えていませんが、
色とりどりなマシュマロです。

日本製とは違い色とりどりなマシュマロは、
私が思うにはひとつひとつの味が違うように感じていました。

アメリカのお菓子にありがちなしつこい甘さが無く、
ココアや温かい飲み物の上に乗せて食べたり、
アイスクリームの上に乗せ食べていました。

何の上に乗せても邪魔をしない美味しさが好きです。

中でも一番好きな食べ方は、
マシュマロをあぶり食べるのが一番美味しいです。

本当に日本製と違い美味しいです。

たまにビスケットがある時は、
ビスケットにサンドし食べると、
お店で売っているお菓子の様に美味しくハマって食べていました。

もうひとつ好んで食べていたのが、グミです。

特に決まったグミが好きだったというのではなく、
アメリカのグミは日本製と違い「固く」感じましたが、
その固さがクセになり、食べていました。

アメリカのグミは可愛い形のグミが多い様に感じました。

私が食べていたのはいたって普通ですが、
日本製に負けたいくらい美味しいお菓子だと思います。

私の義父も大好き、甘いアメリカのチョコレート「バターフィンガー」

アメリカのお菓子というと、一般的にかなり甘い!
というイメージですね。

m&m’sのように日本でも販売され、
比較的甘さ控えめで食べやすいものもありますが、
日本人からすると「甘っ!!」と叫んでしまうくらい甘いものもあります。

また、私は沖縄在住なので、
アメリカのお菓子が近くのスーパーなどでもよく売っていて、
お年寄りもアメリカのチョコレートが大好きだったりします。

そして私の義父はアメリカ軍の基地内で仕事をしていたためか、
特にアメリカのチョコレートが大好きなようです。

特に好きなのは「バターフィンガー」というチョコレートで、
見た目は普通のチョコレートバーなのですが、
割ってみると中身はさくさくのバター(ピーナツバター?)のキャンディの層が入っています。

このバターがとにかく甘い!

でも、好きな人には本当にたまらないらしく、
私の義父はそれはそれは美味しそうに食べます。

ブラックコーヒーと合いそうな感じかなぁ?と思います。

疲れたときに食べたくなる感じですね。

かわいいフォルムの美味しいチョコレート、ハーシーのキスチョコ

日本でもおなじみ、
もはや定番ともいえるかと思いますが
ハーシーのキスチョコは、
やっぱりアメリカらしくおしゃれで美味しいチョコレートです。

キスチョコのかわいいフォルムがなんといっても惹かれます。

昔から変わらない形でありながら、
古さをちっとも感じさせない、
時代を超えても斬新におしゃれに見えるところは、
流石アメリカのお菓子だと思います。

白地にブルーの印刷されたかわいい紙を引っ張りながら、
銀色の包装紙をとったときに漂う甘い香りにまず食欲がそそられます。

お味の方も口に入れると鼻にふわっと抜けるカカオの香りがたまりません。

ほんの少し粉っぽさを感じるような独特の食感も癖になるおいしさです。

甘めのしっかりしたお味なので、
1個のサイズも小さめでちょうど良いところも憎い限りです。

後を引くおいしさで、
もう1個もう1個とついつい手が止まらなくなるチョコレートです。

銀紙が金紙だったり、
ボーダーの模様が入っていたりで、
様々な味を区別しているところも、
それぞれの味にあったイメージのデザインでとってもかわいいです。

たくさんのチョコレートが出回る中、
ハーシーのキスチョコはやっぱり筆頭にあげられるであろうチョコレートの一つです。

子供たちのお気に入りのアメリカ菓子「ジェリーベリー」

我が家の近くには、
アメリカのお菓子を色々扱っているスーパーがあります。

子供たちも動画サイトなどで色々なお菓子を見ているので、
私よりアメリカのお菓子に詳しいかもしれません(笑)。

そんな子供たちがお気に入りのアメリカ菓子のひとつは
「ジェリーベリー」というゼリービーンズ菓子です。

さすがアメリカ、というべきか、
とにかくカラフルで色んな味があります。

でも、カラフルとはいっても、
一般的にアメリカ菓子でイメージするようなどぎつい色ではないので食べやすい感じです。

また、USJでは「ハリーポッターの百味ビーンズ」として、
鼻くそ味や土味など、
原作に出てくるのと同じ衝撃的な味を再現して販売されています。

これは私たち家族はまだ食べたことがないのですが、
子供たちがかなり興味深々で、
「ネットで買って食べてみたい!」と言っています(汗)。

USJに行く機会があったら是非買ってみたいですが、
USJでは午前中に売りきれるくらいの大人気商品らしいです!

カラフルなチョコレートや派手なパッケージは、アメリカそのもの!

アメリカのお菓子は輸入食品を扱っているお店や、
スーパーの輸入菓子コーナーで購入できるので、
ここ日本でも特別珍しいものではありません。

なかにはポテトチップスやチョコレートなどで、
誰もが知っている日本の定番お菓子になっているような商品もあります。

アメリカは今でこそヘルシー志向の人たちも多いですが、
肥満度は日本の比ではありません。

それはやはり子供の頃からカロリーの高いお菓子を食べているのが原因でしょう。

甘いチョコレートにカロリーの高いポテトチップスを日常的に食べていれば、
それは太っても仕方ないのかもしれません。

でも、疲れている時にあの甘いチョコレートやチョコバーを食べると、
なんだか疲れが軽減される気がします。

また、カラフルチョコレートのm&mは、
初めて見た時はその色の鮮やかさに驚きつつも、
なんだか楽しい気分になったのを覚えています。

お菓子そのものだけでなく、
パッケージもカラフルで派手な感じのものが多いのも特徴の一つといえるでしょう。

日本には見た目も味も繊細な和菓子が、
アメリカにはカラフルで陽気なお菓子があり、
それはお国柄をあらわしているのかもしれません。

アメリカのお菓子、特に焼き菓子は見た目から味まで最高です!

アメリカのお菓子、
マフィンやスコーン、ビスケット、
ドーナツ、パイ、タルト、クッキー、全てが最高です。

太ることは分かっていますがやめられない。

まずは見た目が可愛すぎます。

シンプルな茶色だけの焼き菓子から、
カラフルポップなお菓子まで。

でもさすが、効率的なアメリカのお菓子、
生クリームなどの冷蔵庫が必要なお菓子ではなく、
常温保存が可能なお菓子が多いです。

可愛いガラスジャーに入れてキッチンにあるだけでテンションが上がります。

アメリカではホームメイドのお菓子文化が定着していて、
誰もが簡単なレモネードやクッキー、
ビスケットなどから本格的なパイまで作れることも珍しくありません。

なんでこんなに見ているだけでもワクワクしてくるのでしょうか。

作り方はというと砂糖はたっぷり入りますが、
重曹やお湯、朝余ったコーヒーを味付けに入れたりととてもシンプルだけど、
ふわふわになるおいしいレシピが無限にあります。

何て楽しい素敵な世界なんでしょうか。